Text Size :  A A A
|  Top  |  はじめに  |  Profile  |  スケジュール  |  活動内容  |  CD  |  我が師  |  Photo  |  Q&A  |  メール  |  ブログ  |
Img_39f98f4d6d45b351cc2e5498207a8c37a3e06eaa
修行についての戒律とその必要性について教えて下さい。
Img_3b4d7d57dd771a798545f9d370836216c30e00f7
戒律の解釈は難しい所です。
と、言うのも私たちが本来理解している戒律とは、
闇雲に信じる規則であり、それは無意味どころか、マーヤになります。
誰かに、こうしなさいとか、ああしなさいと、言われることはマーヤ以外の何ものでもありません。
しかし、私たちは私たちの従うべき道があり、その道では常に正しい理解が要求されます。
そして、その正しい理解は時として、一般的にみれば戒律のように映るかもしれません。
しかし、それはその本人からすれば守るべきである事を守っていると言うことを知っていることであり、それはマーヤにはなりません。
大切な事は、どうしてそれを守らなければならないのか?と言う事を正しく理解しているかどうかなのです。
Img_1317a354d047c8ad03fee433edbb5e9299a10f28
人はどうしたら苦しみから逃れられると思いますか?
Img_89355500cca790530bcff2457b3d20dc940cbbe1
人間は苦しみから逃れる事は出来ません。
しかし、認識の仕方で、それを苦しみと取るか取らないかで、幸不幸は決まってきます。
出来事はただ起こります。そして、それをさけることはできません。
問題は私達がその出来事をジャッジしてしまう事です。
幸なのか?不幸なのか?と。
それが不幸という事です。
苦しみと共にある事ができる人は苦しみがない人です。
不幸と共にある事ができる人は不幸がない人です。